中の島はやし皮フ科

札幌市豊平区中の島の皮膚科,皮ふ科,皮フ科 中の島はやし皮フ科

〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条2-1-1 中の島ステーションビル4F
TEL 011-825-4114

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

老人性乾皮症、皮脂欠乏性湿疹、脂漏性角化症

老人性乾皮症、皮脂欠乏性湿疹

  1. どういう病気か
    中高齢者においては、汗や皮脂の分泌能や角質層の水分含有能の低下、セラミドなどの角質細胞間脂質量の低下など、皮膚の老化が進行し、水分が減少して皮膚がカサカサした状態になります。これを老人性乾皮症といいます。冬には空気が乾燥し、室内で暖房をするために皮膚が乾燥します。お風呂で体をゴシゴシこすると皮膚の表面を覆っている皮脂が取れてますますカサカサの皮膚になります。このような状態になると発疹もないのに、体中が痒くなりますが、これを老人性皮膚そう痒症といいます。
    さらにひどく掻きむしっていると湿疹ができますが、これを皮脂欠乏性湿疹といいます。
  2. 日常生活上の注意点
    予防、治療には本人、家族の日常生活上の注意が大切です。
    冬など空気が乾燥する季節には加湿器を使って室内の湿度を保ちましょう。
    入浴時にはぬるめのお湯に適度につかり、体を洗う時は低刺激性の石鹸をよく泡立てて、手で軽く洗いましょう。
    ナイロンタオルなどで体をこするのは湿疹を悪化させるもとですので、絶対にやめてください。
    お風呂には保湿剤入りの入浴剤を入れましょう。
    入浴後20分以内に保湿剤を体全体に塗ってください。
    就寝時にはウールなど触れるとチクチクするような寝間着は避けましょう。
    アルコールや、刺激物はかゆみを増強することがありますので控えてください。
  3. 治療
    保湿剤を乾燥している所全体に塗布します。湿疹になっている所はステロイドの軟膏を塗布します。
    かゆみに対して抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤を内服します。

 

脂漏性角化症

  1. どういう病気か
    脂漏性角化症は良性のイボ(表皮増殖性腫瘍)であって、手のひら、足の裏以外の全身のどこにでも生じる、褐色から黒褐色の盛り上がったデキモノとしてみられます。
    別名「老人性のイボ」とも言われるように、一般的には40歳以降の特に顔面や頭部などに生じることが多い腫瘍です。
  2. 症状
    顔面や頭部に生じた脂漏性角化症はまれにかゆみを伴うことがありますが、一般的には無症状です。
  3. 放っておくと癌になりますか?
    なりません。
  4. 治療法
    外科的にメスで切除すると傷跡が残ることがありますが、液体窒素による冷凍凝固法では、時間はかかりますが、傷跡を残さずに治療できます。